I-NOT

転職や退職に関する情報を発信しています




広告掲載などのお問い合わせはこちらよりお願い致します。掲載を希望するサイト名を記載の上ご連絡下さい

>>お問い合わせはこちらから

転職

20代後半未経験でプログラマへの転職は可能?

更新日:





「MIDAS」
自分の経歴や職歴を入力する事で5分程度で自分の市場価値や適正年収を確認する事が出来ます。面接確約の取れるオファーも確認する事が出来るのでどのレベルの企業や職種まで自分が転職する事が出来るか確認出来る転職診断サイトです
>>MIIDASの詳細ページを見る

 












f:id:gustave_buzz:20170522210858j:plain

20代後半、未経験でプログラマへの転職は可能なのでしょうか。まだまだ若いと考えられている20代ですが、もうじき30歳とも捉えられる微妙な年齢ですよね。

社会人としては一通り経験がある20代後半も、社会人全体からすれば若手と捉えられています。

では20代後半未経験でプログラマへ転職できるのか、年齢的な問題や必要とされるスキルなどについてまとめました。

>>未経験でもプログラマーになれる無料のプログラミングスクールの詳細を見る

20代後半はプログラマへ転職できるボーダーライン

基本的に未経験ジャンルへの転職は若いほど有利だと言われています。特にIT業界の年齢層は若いため、プログラマの転職も28,29歳よりも25歳のほうが有利だと言えるでしょう。

見方によっては20代後半はようやく自分の仕事がこなせるような時期ですので、未経験の転職には向かなくなりつつある年齢とも言えます。

ただ20代後半でもプログラマへの転職のチャンスは十分にあります。社会人全体からの20代後半はまだまだ子供のようなもの。

適度な社会人経験がありながらも、まだまだ伸びしろがある世代と見られます。しかし30代に突入すると、急激に未経験ジャンルへの転職での採用率が下がってしまいます。

たとえ20代後半でも30代、40代と比較すればまだまだ育つ可能性を秘めていると捉えられます。転職市場でも特にIT業界では年齢を重視するため、20代後半でプログラマへの転職を目指すのなら早めに行動しましょう。

>>未経験でもプログラマーになれる無料のプログラミングスクールの詳細を見る

未経験の転職でチェックされるスキルは社会人経験

20代後半は、適度に社会人経験がある年齢ですので、社会人経験で培ったコミュニケーション能力は高く評価されます。

上司やお客様、他のエンジニアと連携しながらプロジェクトを進めていくので、コミュニケーションは必要不可欠だと言えるでしょう。

同じ20代前半はほぼ人格や人柄だけでプログラマへの転職可能です。多少は学歴も見られますが、若ければ若いほど企業は1から育てられると考えるため、それほど年齢を重視しないのが実情でしょう。

20代前半は後半と比較するとスキルがなかったとしてもプログラマとして転職できる可能性は十分にあります。

そのくらい未経験でのプログラマへの転職は若さが重要だと言えます。

ただ20代後半は社会人経験が役立つため、どのような仕事を経験してどのような実績を上げたのか、どのように今後の仕事に役立てたいのかを明確にしておき、履歴書への記載や面接で役立てましょう。

>>未経験でもプログラマーになれる無料のプログラミングスクールの詳細を見る

プログラマのスキルがあれば転職で有利に

もちろん20代後半はある程度の社会人経験がある年齢ですので、プログラマのスキルは勉強などで身についていた方がいいという声があります。

一方、転職してから身につけても大丈夫だという声もあるのも現実でしょう。

実際、どちらでも転職できるので採用する会社にもよるというのが実情です。

求人に「未経験者OK」というものが多いのも20代の求人の特徴だと言えます。

いずれにしてもプログラマを含むIT業界の転職では若さを重視しているので、少しでも若いうちに転職してしまった方が、未経験でも就職できる可能性が高まるでしょう。プログラマのスキルを転職後働きながら身につけていくことができるのが20代ならではだと言えます。

ただたとえ20代後半でもプログラミングに無知では仕事ができません。多少プログラマの知識も必要になってきますので、プログラミングスクールなどで一通り勉強しておくことをおすすめします。

プログラミングは独学でも勉強できますが、間違った方法で覚えてしまう可能性も十分にあります。よって講師に教えてもらえる講座やスクールを利用するのがもっとも賢い方法だと言えるでしょう。

もし採用されてからもプログラマを目指すのであれば勉強を惜しまないでください。 IT技術の進歩は日々めざましいものがあるので、勉強を怠ると遅れを取ってしまいます。プログラミングのジャンルでも同じことが言えるので、努力を惜しまずにスキルアップしてください。

その点30歳を過ぎてからプログラマで転職を目指すとなると、なんとなく理解しているだけでは転職が難しくなります。

自分で一通りの仕事ができるくらいのプログラミング技術が必要になってきてしまうので注意が必要です。

よって20代後半で転職しようと思ったあなたは大正解!20代と30歳には大きな境界線があるので、スクールに通うにせよ、ダイレクトに転職するにせよ、早く行動することを心がけてください。

>>未経験でもプログラマーになれる無料のプログラミングスクールの詳細を見る

企業ごとに20代後半未経験だと採用されない可能性もあると心得て

中には20代後半未経験のプログラマでは企業によっては採用されない可能性もあります。即戦力を求める企業ではたとえ年齢が高くても実績があるプログラマがほしいので、未経験でこれから経験を積みたい方には向いていません。

求人によってはたとえ20代後半の募集でもプログラマ経験がある方への求人を出している可能性もあるので、注意して選んでくださいね。

ただ20代後半ではプログラマの求人が豊富にあるので、自分のニーズに合ったものを選んでスキルアップを目指してください。

>>未経験でもプログラマーになれる無料のプログラミングスクールの詳細を見る

20代後半プログラマへ転職するためのまとめ

未経験ジャンルへの転職が厳しいIT業界ですが、20代後半ならまだラストチャンスです。専門知識が必要なプログラマですが、一通りの知識があれば未経験でも採用される可能性は高いと言えるでしょう。

ただまったくの無知では採用されないのでしっかり勉強しておいてくださいね。 20代後半の転職に求められるものは、たしかにプログラマの知識だという企業もあります。中には率先力を求めるところもあるでしょう。

しかし未経験者を募集している企業の多くはプログラマの経験ではなく社会人経験になるので、過去の実績を面接や選考書類でアピールできるといいですね。

質のよいプログラマの求人はすぐになくなってしまうので、思い立ったらすぐに行動することを意識してください。30代に突入するとプログラマの求人の敷居が上がってしまうので20代のうちに転職先を見つけることをおすすめします。

>>未経験でもプログラマーになれる無料のプログラミングスクールの詳細を見る

>>IT業界への転職でおすすめの転職エージェントは下記を参考に

www.i-not.net




-転職

Copyright© I-NOT , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.