I-NOT

転職や退職に関する情報を発信しています




広告掲載などのお問い合わせはこちらよりお願い致します。掲載を希望するサイト名を記載の上ご連絡下さい

>>お問い合わせはこちらから

転職

35歳未経験でIT業界への転職は可能?

更新日:





「MIDAS」
自分の経歴や職歴を入力する事で5分程度で自分の市場価値や適正年収を確認する事が出来ます。面接確約の取れるオファーも確認する事が出来るのでどのレベルの企業や職種まで自分が転職する事が出来るか確認出来る転職診断サイトです
>>MIIDASの詳細ページを見る

 












f:id:gustave_buzz:20170505013002j:plain

35歳未経験でも、IT業界に転職したいと考えている方はいるのではないでしょうか。

35歳という年齢を考えると、業種に関わらず未経験者として採用してもらうのは難しくなるイメージがありますよね。

特に専門的な知識や技術が必要になりそうな、IT業界への転職は可能なのでしょうか。

今回は35歳未経験でIT業界への転職が可能かどうか、また転職に必要なスキルや、転職先選びのポイントなどについて詳しく調べてみました。

>>未経験でエンジニアになれる無料で受けられるプログラミングスクールを見る

35歳未経験はIT業界転職のラストチャンス

基本的にどの業界であっても、35歳という年齢を考えると未経験者の転職はかなり狭き門になってきます。

しかし、35歳未経験だと絶対にIT業界への転職が不可能かといえば、そんなことはありません。

本人の努力次第では、35歳未経験であってもIT業界に転職できる可能性はあります。

ただし、20代未経験者の転職と比べるとかなり難易度はあがりますので、35歳未経験でのIT業界への転職は年齢的にラストチャンスという強い気持ちで挑むことをおすすめします。

>>未経験でエンジニアになれる無料で受けられるプログラミングスクールを見る

20代と35歳同じ未経験なら20代が選ばれやすい現実

IT業界自体が、年齢に合わせて職種が変わるのかといえばそんなことはありません。

そのため、1つの求人に35歳未経験者が応募したとしても、20代や30代前半の方も同じ求人に応募している可能性は常にあるのです。

20代と35歳、同じ未経験であれば、可能性や将来性などの評価から20代が採用される可能性の方が高くなります。

年齢で採用率が変わってしまうのは不平等だという意見もあるかもしれませんが、現在の日本の企業の傾向でいうと、やはり20代の方が採用されやすいというのが事実です。

しかし同じ未経験であっても、面接や採用試験で評価されるのは年齢だけではありません。 35歳未経験でIT業界への転職を成功させるためには、20代にはできないアピールポイントを作って求人へ応募する必要があります。

>>未経験でエンジニアになれる無料で受けられるプログラミングスクールを見る

35歳未経験でもIT業界の転職を成功させるためのポイント

いくら未経験とはいえ、何も事前準備をせずに面接などに望んでしまうと、35歳という年齢が不利に働いてしまい、なかなか転職に成功しない可能性が高くなります。 自分よりも年下の応募者たちに引けを取らずに採用を勝ち取るためには、以下のポイントをしっかり抑えておくことが大切です。

>>未経験でエンジニアになれる無料で受けられるプログラミングスクールを見る

転職の目的やタイミングについて説得力のある説明をできるようにしておく

35歳で未経験の業界に転職するとなると、IT業界ではなくとも

「なぜこのタイミングで転職しようと思ったのか。」

「なぜ未経験の業界に入ろうと思ったのか。」

などは必ず聞かれるポイントになります。

この時に曖昧な答えになってしまうと、「しっかり自分の信念を持って転職を考えていない=やる気がない」と判断され、転職を成功させることが難しくなります。

「前職の給料が安い」や「前の勤務先は将来性がない」などがきっかけで、転職を考えた方もいるかもしれませんが、35歳未経験の方がこのような志望動機であることは、採用する側に非常に稚拙なイメージを与えます。

志望動機などを説明する時には、IT業界で今後キャリアを積んで自分がどうなっていきたいのかなど、ポジティブな動機があることを具体的に説明できるようにしておくことが大切です。

>>未経験でエンジニアになれる無料で受けられるプログラミングスクールを見る

独学である程度の業界の知識を深めておく

35歳未経験者がIT業界への転職を成功させるためには、ある程度「根拠のある転職への熱意」を伝える必要があります。

たとえば20代の場合、たとえ未経験であっても「仕事をしていく中で覚えてもらえばいい」という感覚で採用される可能性は十分にあります。

しかし、35歳の未経験者の場合、全く業界への予備知識がなく受け身な姿勢であれば、採用される確率はかなり低いでしょう。

漠然と「IT業界へ転職したい」という気持ちが先立っていても問題はありませんが、具体的にどのような仕事内容の業種に転職したいのかをしっかりと絞っておくことが、35歳未経験者の転職成功のカギとなります。

たとえば、自分の就きたい仕事で使用するプログラミング言語などが分かっている場合には、前もって独学で勉強することも可能です。

専門的な学校に通わずともiphoneのカンタンなアプリであれば、独学で自作できるようになったというような方は以外と多いものです。

たとえ仕事として未経験であっても、ある程度の知識があるのとないのでは、大きな差が開きます。 採用されてから覚えようという受け身な考え方は一旦クリアにして、自分なりにコツコツ勉強して、できることを増やしておくことをおすすめします。

>>未経験でエンジニアになれる無料で受けられるプログラミングスクールを見る

異業種であっても過去に成し遂げた実績は重要なアピールポイント

20代よりも35歳の方がアピールできるポイントの1つに、これまでの仕事での経験値があります。 たとえITとは全く関係のない業界であっても、自分の功績はプラスのポイントになりますので、分かりやすく説明できるようにしておきましょう。

この時の説明は、異業種の方でも実績が分かりやすいように、数字などを使うことが特におすすめです。

>>未経験でエンジニアになれる無料で受けられるプログラミングスクールを見る

35歳未経験で転職を成功させるためのIT企業の選び方

35歳という年齢を考慮すると、未経験でも最後の就職先として大企業ばかりを選んでしまう方もいるのではないでしょうか。 安定性のある企業に定年まで勤めたいという気持ちもよく分かりますが、大企業の場合、1つの募集に応募してくる人の数もそれだけ多くなります。

大企業が募集をかけている場合、それだけ競争率も高くなってしまうというのが現状です。 「腕試し」という意味で受けたいという方はそれでもよいかもしれませんが、35歳未経験の方がIT業界にスムーズに転職するには、中小企業の求人をターゲットにした方が成功する確率が高くなります。

IT業界全体としては、慢性的な人不足状態となっているところも多く、必要とされているプログラミング言語に理解がある方、カンタンなアプリ程度なら作れる方などは、たとえ未経験であっても重宝される可能性が高いためです。

>>未経験でエンジニアになれる無料で受けられるプログラミングスクールを見る

35歳未経験でのIT業界転職は可能

35歳未経験でも、本人の努力や転職先を選ぶポイントをしっかりと押さえていれば、転職を成功させることは十分に可能です。

しかし20代とは違い、たとえ未経験であっても受け身な姿勢では転職を成功させることはできません。

まずは、業界全体にどんな業種があるのかを具体的に調べて、必要なスキルを独学でも学び始めることが大切です。

未経験でも勉強した成果は、必ず評価の対象になりますので、諦めずにコツコツ勉強しながら、転職へのリサーチも行なっていきましょう。

>>未経験でエンジニアになれる無料で受けられるプログラミングスクールを見る

>>IT業界への転職でおすすめの転職エージェントは下記を参考に

www.i-not.net




-転職

Copyright© I-NOT , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.