I-NOT

転職や退職に関する情報を発信しています




広告掲載などのお問い合わせはこちらよりお願い致します。掲載を希望するサイト名を記載の上ご連絡下さい

>>お問い合わせはこちらから

雇用保険

雇用保険の給付金額の計算方法と給付日数について述べて行く

投稿日:





「MIDAS」
自分の経歴や職歴を入力する事で5分程度で自分の市場価値や適正年収を確認する事が出来ます。面接確約の取れるオファーも確認する事が出来るのでどのレベルの企業や職種まで自分が転職する事が出来るか確認出来る転職診断サイトです
>>MIIDASの詳細ページを見る

 












f:id:gustave_buzz:20161126214500j:plain

会社を退職した際に気になるのが雇用保険に加入していた事で受給する事が出来る失業給付の金額です

この項ではどのくらいの金額を受給する事が出来るのか、その給付金額の計算方法と給付日数の確認方法を記載して行きたいと思います

雇用保険の給付金額の計算方法

雇用保険の失業給付の受給できる給付金額は

雇用保険の失業給付の基本手当日額x失業給付の給付日数で計算する事が出来ます

最初に雇用保険の失業給付の基本手当について記載して行きます

※失業給付の日額上限はその年の平均給与額によって毎年8月1日に若干の変更がなされます、以下記載の金額は平成27年8月3日以降の上限金額となっています

賃金日額と基本手当日額の給付金額の上限と下限について 

賃金日額の上限

29才以下-12790円 

30才〜44才以下-14210円 

45才〜59才以下-15620円

60才〜64才-14920円

賃金日額の下限

全年齢において2300円

基本手当日額の給付金額の上限

29才以下-6395円 

30才〜44才以下-7105円 

45才〜59才以下-7810円

60才〜64才-6714円

基本手当日額の給付金額の下限

全年齢において1840円

基本手当日額の計算方法

18〜59才までの場合

賃金日額2300円以上4600円未満の場合の給付金額=給付率80%

賃金日額4600円以上11660円以下の場合の給付金額=給付率50%〜80%

賃金日額11660円以上12790円以下の場合の給付金額=給付率50%

※失業給付基本手当の上限額のみ年齢ごとの変わって来ます

退職時の年齢が60才以上44才以下の場合

賃金日額2300円以上4600円未満の場合の給付金額=給付率80%

賃金日額4600円以上11660円以下の場合の給付金額=給付率45%〜80%

賃金日額11660円以上12790円以下の場合の給付金額=給付率45%

雇用保険の給付日数について

f:id:gustave_buzz:20161126225011j:plain

雇用保険の失業給付を受けるには前提として退職前の直近2年以内に自己都合退職の場合には通算12ヶ月以上の加入期間が必要です。会社都合退職の場合には6ヶ月以上の加入期間が必要となっています。

自己都合退職の場合にも会社が労働基準法の残業規定値45時間以上の残業を課した為に鬱や精神的なダメージを負って退職した場合には会社都合の退職と同じ扱いの特定受給資格者として認定される場合もありますので、もし12ヶ月で足りないけどどうしようという場合には一度ハローワークに問い合わせて見ると良いかもしれません

 

雇用保険の給付日数がどれくらいの期間になるのかについては、雇用保険に加入していた期間が通算でどれくらいの期間なのかと年齢によって確認する事が可能です

以下に内容を記載して行きたいと思います

倒産や解雇による会社都合退職の場合

30才未満の給付日数

雇用保険に加入していた期間-給付日数

6ヶ月以上1年未満-90日

1年以上5年未満-90日

5年以上-10年未満-120日

10年以上-20年未満-180日

30才以上45才未満の給付日数

6ヶ月以上1年未満-90日

1年以上5年未満-90日

5年以上-10年未満-180日

10年以上-20年未満-210日(35才以上の場合最大240日)

20年以上-240日(35才以上の場合最大270日)

45才以上60才未満の給付日数

6ヶ月以上1年未満-90日

1年以上5年未満-180日

5年以上-10年未満-240日

10年以上-20年未満-270日

20年以上-330日

60才以上65才未満の給付日数

6ヶ月以上1年未満-90日

1年以上5年未満-150日

5年以上-10年未満-180日

10年以上-20年未満-210日

20年以上-240日

倒産や解雇以外の自己都合退職の場合

全年齢での給付日数

1年以上5年未満-90日

5年以上-10年未満-90日

10年以上-20年未満-120日

20年以上-150日

就職困難者の場合

45才未満の給付日数

1年未満-150日

1年以上〜20年以上-300日

45才以上65才未満の給付日数

1年未満-150日

1年以上〜20年以上-360日

最後に

以上分かりやすい様に雇用保険の給付金額の計算方法と給付日数の一覧表を記載しておきました。何かと確認する際に必要になってくると思いますので使われる様でしたら各自PCのブックマーク等に保存して頂ければと思います

※雇用保険の失業給付を受給する為の条件などについてはこちらの記事を参考に

www.i-not.net




-雇用保険

Copyright© I-NOT , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.