I-NOT

転職や退職に関する情報を発信しています




広告掲載などのお問い合わせはこちらよりお願い致します。掲載を希望するサイト名を記載の上ご連絡下さい

>>お問い合わせはこちらから

雇用保険

雇用保険の失業給付を受給する為に必要な条件と加入期間について述べて行く

投稿日:





「MIDAS」
自分の経歴や職歴を入力する事で5分程度で自分の市場価値や適正年収を確認する事が出来ます。面接確約の取れるオファーも確認する事が出来るのでどのレベルの企業や職種まで自分が転職する事が出来るか確認出来る転職診断サイトです
>>MIIDASの詳細ページを見る

 












f:id:gustave_buzz:20161122144707j:plain

会社を退職する際に気になる事のひとつとして、退職後の失業期間中を支える資金となる雇用保険の失業給付をきちんと受給する事が出来るのか、または受給する事が出来ないのかという事が上げられるのではないでしょうか

この記事ではそんな雇用保険の失業給付を受給する際に気になる部分をまとめていきたいと思います。気になる方はPCのブックマークにでも保存しておいて貰えればと思います

雇用保険の失業給付を受給する為に必要な条件

雇用保険の失業給付を受給する条件について述べて行きたいと思います

まず時々話に登る「失業保険」ですが、失業保険=雇用保険という認識をして頂ければと思います

この雇用保険というのはある一定の条件を満たしていると失業期間中に失業給付を受給する事が出来るのですが、その大前提として雇用保険に加入している企業に就業しているという事が条件となります

誰もが失業給付を受給出来る訳ではなく、月に1000円程度の小額ではありますが在職中にお給料の中から雇用保険料を支払っていた事が大前提の条件となって来ます

この雇用保険に加入しているか確認する方法は、ご自分の給与明細を確認する事で雇用保険量を支払っている項があれば加入していると思って頂ければと思います

雇用保険の失業給付を受給する為に必要な加入期間

雇用保険の失業給付を受給する為には条件として必要な加入期間が存在します

「退職前の2年間の間に雇用保険の被保険者である期間が通算12ヶ月以上ある事」

「倒産・解雇の場合には6ヶ月で申請が可能」

「通算である為、複数の会社での加入期間の合算でも可能」

雇用保険の失業給付を受給する為には上記の条件を満たしている事が必要な条件となってきます

詳細な部分ですがこの1ヶ月というのは1ヶ月の内に11日以上の勤務がされていれば1ヶ月としてカウントされます

その為、雇用保険の失業給付を受ける為に必要な12ヶ月にあと少し足りないのではという方については仕事の最終月にいつまで現在の仕事に就業するのかと言った事がとても重要になってくるのではないかと思います

失業給付も受給出来る総額を考えれば転職されたり住居を移動されたりする際の大きな助けとなるのではと思いますし、その後の数ヶ月を安心して過ごせる大事な材料となりますのでよくよく承知しておく事が肝要かと思います

雇用保険とはそもそも何の為にあるのか

雇用保険の失業給付を受給する条件の詳細について記載して行く前にとても大事な事ですので「雇用保険」もしくは「失業保険」と呼ばれる物が何の為にあるのかを記載して行きたいと思います

この部分を確認しておく事で雇用保険の失業給付を受給する為に必要な事の、大まかな全体像を把握する事が出来るのではないかと思います

 

雇用保険というものは日本政府が雇用保険法を元に運営する保険制度を指しています

政府基い厚生労働大臣が都道府県労働局に委任し、その都道府県労働局が公共職業安定所に委任していますので実際にはハローワーク(公共職業安定所)で必要な申請ややりとりを行ったりする事となります

おおまかにですが、雇用保険に会社を通して加入していた被保険者が失業している際に次の就職先を探す為の手助けをする為の保険制度だと思って頂いて結構です

「雇用保険の目的は被保険者の再就職を手助けする事」である為に、あくまでも失業給付を受給される為の条件というのは再就職を皆さんがされる事を前提として条件を設定しています

雇用保険の目的・定義

雇用保険の目的と定義についてWikipediaで詳細な内容が記載されてありましたので、雇用保険の目的と定義の詳細ついても記載しておきます

こちらでも雇用保険及び政府が失業状態をどういう物として定義しているのかが分かる内容になっているのではないかと思います

この点を押さえておけば雇用保険の失業給付を受ける際に間違いを防ぐ事が出来るのではないかと思います

雇用保険は、労働者が失業した場合及び労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合に必要な給付を行うほか、労働者が自ら職業に関する教育訓練を受けた場合に必要な給付を行うことにより、労働者の生活及び雇用の安定を図るとともに、求職活動を容易にする等その就職を促進し、あわせて、労働者の職業の安定に資するため、失業の予防、雇用状態の是正及び雇用機会の増大、労働者の能力の開発及び向上その他労働者の福祉の増進を図ることを目的とする。

この目的を達するために、失業等給付を行うほか、二事業(雇用安定事業、能力開発事業)を行う(第1条、第3条)。 雇用保険法において、「離職」とは、被保険者について、事業主との雇用関係が終了することをいう。「失業」とは、被保険者が離職し、労働の意思及び能力を有するにもかかわらず、職業に就くことができない状態にあることをいう(第4条)。

雇用保険 - Wikipedia

雇用保険の失業給付の受給資格が無い人について

雇用保険に必要な加入期間、雇用保険とは何か、これらが分かった所で失業給付を受給する為に必要な条件とは何かについて深く掘り下げて行きたいと思います

上記の

(a)雇用保険の加入期間を満たしている

(b)雇用保険の失業給付を受ける条件である再就職する意志があり失業中である事

この前提条件を満たしており、尚かつ「下記の詳細な条件についても該当しない事」が失業給付を受給する上で必要な条件になってきます

雇用保険の受給資格から除外される人について

(1)病気や怪我ですぐに就職する事が出来ない人

(2)妊娠、出産、育児によりすぐに就職する事が出来ない人

※3才未満の子供の妊娠、出産、育児が対象

(3)家族の介護の為にすぐに就職出来ない人

※6親等以内の血族、3親等以内の姻族、配偶者が対象

(1)〜(3)の場合には救済措置として雇用保険の失業給付の有効期間、翌日から1年間の受給期間の延長を申請する事が出来る

延長期間は最大で3年で、働く事が出来ない期間30日が経過した後に翌日から1ヶ月以内にハローワークに申請する事が必要になってくる

お金を貰える期間が増える訳ではなく、あくまで再就職する準備が整い失業給付金を貰うタイミングを先延ばしに出来るという認識をされると良いかと思います

(4)定年によりしばらく働く予定の無い人

(5)結婚により家事に専念する為に働く意志の無い人

(6)家業の手伝いをしてすぐに就職する意志の無い人

(7)退職後にアルバイトを始めている人

(8)自営業をはじめている人

※自営業の準備段階も給付の対象外とされています

(9)企業の役員に就任している人

※事業活動や収入の有無は関係無しに給付の対象外となります

(10)学業に専念される人

雇用保険の失業給付を受給出来ない場合のまとめ

見て貰うと分かるのですが、雇用保険とはの項に記載している様にあくまでも今後再就職する意志がある事が雇用保険の失業給付を受給資格を得る為の前提条件となります

その為、再就職する意志が無いと判断出来る場合には雇用保険の失業給付の受給は認められないという事を認識しておく事が大事になって来るのではないかと思います

アルバイトなどについてもすでに仕事に従事していると認識されてしまいますので、その点については注意が必要です

実際に収入を得ている、もしくは再就職をする意志が無いのにも関わらず受給している事がバレたりしますとペナルティーなども発生して来ますので、退職される前に雇用保険を受けとるべきなのか、もしくはアルバイトをしながら就職先を探すのかこういった事も事前に決めておく事である程度今後の見通しも立って行くのではないかと思います

※雇用保険の失業給付を受けながらでもアルバイトは可能です、その際に気をつけなければいけない条件などはこちらの記事を参考にして下さい

www.i-not.net




-雇用保険

Copyright© I-NOT , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.