I-NOT

転職や退職に関する情報を発信しています




広告掲載などのお問い合わせはこちらよりお願い致します。掲載を希望するサイト名を記載の上ご連絡下さい

>>お問い合わせはこちらから

転職口コミサイト

転職会議で個人が特定される事はある?ない?

更新日:





「MIDAS」
自分の経歴や職歴を入力する事で5分程度で自分の市場価値や適正年収を確認する事が出来ます。面接確約の取れるオファーも確認する事が出来るのでどのレベルの企業や職種まで自分が転職する事が出来るか確認出来る転職診断サイトです
>>MIIDASの詳細ページを見る

 












f:id:gustave_buzz:20170505062236j:plain

転職活動を始めるにあたり、「転職会議」に登録された方も多いのではないでしょうか。転職会議には、普通の転職サイトには載っていない、企業の口コミなども登録されているので、とても参考になりますよね。

しかし、企業の口コミを見るためには、自分も口コミを投稿する必要があります。そこで怖いのは、個人が特定されることですよね。

離職後ならまだしも、在職中にその企業についての口コミを投稿しており、そこから個人が特定される、なんていうことがあればかなり悲惨な状況になってしまいます。 転職会議で個人が特定されるということはあるのでしょうか。調べてみました。

>>MIIDASを使って5分で自分の年収診断をしてみる

転職会議で個人が特定される事はある?ない?

転職会議に口コミを投稿することで、個人が特定されることはあるのか、ないのか。不安に感じますよね。

特定されることが不安で転職会議をためらっている方もいらっしゃるようです。 結論から先に書いてしまうと、転職会議で個人が特定される可能性は、あります。

転職会議は匿名の口コミサイトですが、いくら匿名であっても、インターネットを使用している以上個人を特定される可能性はゼロにはなりえません。しかし、「どうやって個人が特定されるのか」をきちんと把握しておけば、特定される可能性は限りなくゼロに近くできるでしょう。 では、転職会議で個人が特定されるというのはどういったケースなのかを見てみましょう。

>>MIIDASを使って5分で自分の年収診断をしてみる

自分の書き込み内容から特定されるケース

転職会議で個人が特定されるケースとして一番多いのは、自分で書き込んだ内容が原因で個人が特定されるケースです。 例えば、以下のような要素で個人が特定される可能性があります。

・投稿時期(入退社のタイミングなど)

・投稿内容(仕事の内容、部署について、同僚個人についての書き込みなど)

このような要素で、個人が特定されるケースはありえます。例えば、離職率が比較的低い企業などでは口コミが投稿された時期から個人を特定することができるかもしれません。 また、仕事内容や部署の構成などで個人が特定されるケースももちろんありえます。

このように、現在その企業に勤めている方からすれば容易に個人を特定できる場合があります。 転職会議に口コミを投稿する場合は、個人が特定されないように工夫する必要がありそうですね。

>>MIIDASを使って5分で自分の年収診断をしてみる

プライバシーの侵害、名誉毀損などで個人が特定されるケース

次に、書き込みした内容から直接ではなく、書き込んだ内容によって、弁護士などが介入して個人が特定されるケースについてご紹介します。 企業側は個人の書き込みによって、社員のプライバシーが侵害されたり、名誉毀損があった場合は、弁護士に依頼して、書き込みをした本人を特定することができます。

そういった問題専門の弁護士なども出てきていますので、比較的容易に特定されるといっても過言ではありません。

弁護士は、企業などの依頼主から依頼があった場合「発信者情報開示請求」という請求を出すことができます。これは、書き込みを投稿した人物のIPアドレスなどから発信者の利用しているプロバイダを割り出し、プロバイダに情報開示請求をすることで個人を特定するという時に使う請求です。

弁護士を通じてこのような処理をすれば個人が特定されることはありえます。 しかし、この「発信者情報開示請求」が実施されるのは、裁判所が「確かにプライバシー侵害や名誉毀損があった」という場合のみですので、そもそもそういった書き込みをしていなければ、企業も個人を特定することはできません。

また、転職会議の個人を特定するためには、約50万円の弁護士費用がかかり、実際に個人を特定できるのは約半年後なので、よほどのことがなければ企業も個人の特定を行わないと思います。

>>MIIDASを使って5分で自分の年収診断をしてみる

転職会議で個人が特定されないようにするには

転職会議で個人を特定されることは、可能性としてはありえます。しかし、そもそも個人を特定されないように気をつけることは可能です。 そのためには、以下の点に気をつけましょう

・投稿内容で個人を特定されるようなことを書き込まない(在職時期、仕事内容など)

・企業のプライバシー侵害や、名誉毀損にあたるようなことを書き込まない

これらの点にさえ気をつけていれば、まず個人を特定されることはないでしょう。 また、どうしても個人を特定されるリスクを避けたいということであれば、980円の有料会員登録をすれば、自分で書き込むことなく口コミを閲覧できますので、覚えておきましょう。

>>MIIDASを使って5分で自分の年収診断をしてみる

転職会議で個人が特定される事はある?ない?まとめ

転職会議で、個人が特定されることはあるのか、ないのかについてまとめてみました。 結論からまとめると、転職会議で個人が特定される可能性はあります。それは、書き込み内容から特定されるケースと、プライバシー侵害や名誉毀損にあたる書き込みをしたために、企業側から弁護士を通じて個人を特定されるというケースがあります。

どちらのケースでも、共通しているのは、書き込む内容に気をつければ個人を特定される可能性は限りなくゼロに近くなるという点です。

個人が特定されるような仕事内容について書き込まない、企業のプライバシー侵害にあたったり、名誉毀損にあたるような内容を書き込まないなど、注意をしていれば個人を特定されることはまずないと言っても良いでしょう。

また、転職会議には有料会員となって口コミを閲覧する方法もあり、この方法であれば個人が特定される可能性はありませんので、覚えておくようにしましょう。

>>MIIDASを使って5分で自分の年収診断をしてみる




-転職口コミサイト

Copyright© I-NOT , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.