I-NOT

転職や退職に関する情報を発信しています




広告掲載などのお問い合わせはこちらよりお願い致します。掲載を希望するサイト名を記載の上ご連絡下さい

>>お問い合わせはこちらから

転職口コミサイト

転職会議で訴訟される可能性はあるの?

更新日:





「MIDAS」
自分の経歴や職歴を入力する事で5分程度で自分の市場価値や適正年収を確認する事が出来ます。面接確約の取れるオファーも確認する事が出来るのでどのレベルの企業や職種まで自分が転職する事が出来るか確認出来る転職診断サイトです
>>MIIDASの詳細ページを見る

 












f:id:gustave_buzz:20170505200415j:plain

転職会議は、企業で実際に働いていた人の口コミをみれたり、評価を確認できたりと、転職者にはとても心強いサイトです。

気になっている企業の口コミを確認するためには、一定額の料金を支払うか、もしくは自身も口コミを投稿しなくてはいけません。

そして、そこで気をつけたいのが個人が特定されるような書き込みをしないことと、企業から訴訟されないように気をつけることです。

転職会議で訴訟される可能性はあるのか。あるとすれば、それはどのような時で、対策はあるのかなどをまとめてみました。

>>MIIDASを使って5分で自分の年収診断をしてみる

転職会議で訴訟される可能性はあるの?

転職会議で訴訟を起こされたり、訴えられたりする可能性はあるのかどうかについて、まとめてみます。

転職会議で訴訟される可能性はあるのか?

まず、そもそも転職会議を使っていて訴訟される可能性はあるのかどうかという点ですが、結論から申し上げれば、訴訟される可能性はあります。

訴訟されるケースとしては、転職会議に、以前勤めていた企業に関する口コミを投稿し、その書き込みが問題となって企業から訴訟を起こされるケースです。

現在はインターネットがとても発展しているので、そういった「インターネット上の問題」を解決することを専門とした弁護士事務所なども存在します。

企業にとって不利益な情報に関して、必然性があれば訴訟する手続きをとる専門の業者のような弁護士事務所が存在するのです。

転職会議で訴訟される可能性があるとすれば、企業側があなたの書き込みでなんらかの不利益を被り、その解決のために弁護士を雇って訴訟を起こすというケースです。

>>MIIDASを使って5分で自分の年収診断をしてみる

どういった書き込みをすると訴訟されるのか?

転職会議で訴訟される可能性はあるとしても、どんな書き込みをしても訴訟されるリスクがあるわけではありません。では、どういった書き込みをすると訴えられる可能性があるのでしょうか。

・プライバシー侵害をしている書き込み

例えば、企業に関する書き込みで、上司や役員などについての悪評に当たる書き込みをしたケース。事実を記載するだけでは問題ありませんが、その書き込みによって、書き込まれた相手の個人が特定できてしまうような書き込みをすると、それがプライバシーの侵害にあたり、訴えを起こされる場合があります。

企業に関する口コミを投稿する際は、あなた自身の個人が特定されないように気をつけるのは当然として、書き込まれた相手のプライバシーを脅かすような書き込みはしないように気をつけましょう。

・名誉毀損にあたるとき

転職会議を使用していて、訴訟を起こされる可能性があるとすれば、この「名誉毀損にあたるケース」というのが一番多いケースでしょう。

企業内部で起きていることに対して悪評を書きすぎると、企業の名誉が傷つけられたとして、名誉毀損で訴訟を起こされる場合があります。

どのくらいの書き込みで訴えを起こされるかは企業によっても違いますが、かなり過敏になっている企業は存在するようです。

このように、会社の悪評について書き込みをしたところ、その会社で内定辞退者が発生してしまったようで、それを理由に名誉毀損で訴えられるというケースもあるようです。

こちらの方々がおっしゃっているように、いくら転職会議が匿名の口コミサイトだとしても、行き過ぎた書き込みをすれば企業側から訴えられるリスクが存在するのです。

転職会議で訴訟を起こされる可能性が一番高いのはこの名誉毀損にあたる書き込みをしてしまったケース。書き込みを行う前はもう一度適切な内容か確認をするようにした方がいいようですね。

>>MIIDASを使って5分で自分の年収診断をしてみる

訴える側のリスク

ここまで、転職会議で訴訟される可能性があるケースについてご説明してきましたが、訴訟をする側、訴える側のリスクについても理解しておきましょう。

一番大事なのは、転職会議で名誉毀損やプライバシー侵害で訴えを起こすには、それ相応の費用がかかってくるということです。書き込み一件に対して、弁護士を雇って裁判を起こすようなケースでは、約30万円ほどの費用がかかります。

また、裁判になるような場合、最低でも数ヶ月は期間が必要なので、それらの時間を企業として使うかどうかというのもポイントです。 これらの要素から導き出されるのは「もし悪質な書き込みを発見しても、よほどのことはない限り企業は訴えない」という企業側の事情です。

事実無根で悪質な書き込みはもちろん避けるべきですが、訴える企業側にもリスクがあることを知って起きましょう。

>>MIIDASを使って5分で自分の年収診断をしてみる

転職会議で訴訟される可能性はあるの?まとめ

転職会議で訴訟される可能性はあるのかどうか、まとめてみました。 転職会議では、企業の口コミが投稿できますが、その投稿がプライバシーの侵害や名誉毀損に当たる場合、訴訟を起こされる可能性があります。

転職会議に口コミを投稿する際は、そういったプライバシー侵害や名誉毀損に当たらないかどうかをきちんと確認してから投稿するようにしましょう。

また、訴えを起こす側の企業としては、もし本当に訴訟を起こす場合は費用や時間など、多大なる労力が必要になるので、そう簡単に訴訟は起こさないということになります。 ただしもちろん、行き過ぎた書き込みをすれば訴えを起こされる可能性があるのは間違いありませんので、節度を持ったサイト利用を心がけましょう。

>>MIIDASを使って5分で自分の年収診断をしてみる




-転職口コミサイト

Copyright© I-NOT , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.